鎖骨の下の痛い右

締め付けられる?

右鎖骨の下が痛い場合に考えられる病名としては狭心症などの心臓疾患で、
締め付けられるような感覚が特徴の病気なので右鎖骨の下が痛いのと

 

 

締め付けられうような痛みなどの症状が見られたら
かかりつけ医を受診して狭心症の検査をする必要があります。

 

 

右鎖骨の下が痛い場合で狭心症の可能性が高い場合には
体にモニターを付けて、24時間の心臓の動きを記録します。

 

 

症状が出ている場合は狭心症という病名になるのですが、
そうではない場合は精神的な緊張が原因の神経痛などが疑われます。

スポンサード リンク

 

心臓神経痛というものがあります。
これは精神的なストレスが原因で心臓に大きな痛みを急激感じるものです。

 

 

夜中や寝起きのタイミングで発症する事が確認されています。

 

 

直接的な病気ではないので緊急性はありませんが、
原因不明の痛みの為、大きな不安を抱えることになります。

 

 

日常生活でストレスを受けていると鎖骨の下が痛いなどの大したことのない痛みに関しても
脳が過剰に反応してしまって強い不安を感じてしまいます。

 

 

狭心症はストレスなどが引き金になることもあるので、
強い不安を感じている人は日常的にウォーキングをしたりストレッチをして
体と心のストレスを取り除くことが重要です。

 

 

 

また鎖骨の下が痛い場合には他の肺気胸などの疾患の可能性もあるので、
大きな病院を受診して心臓の精密検査をする必要もあります。

 

 

胸が痛いなどの症状は日常的に感じる人が多いので締め付けられるような感じがなければ、
ただの神経痛として放置することもできますが、気になる場合には検査で病気かどうかを判断します。

 

自己判断は避けたいところです。

スポンサード リンク