右肩甲骨の痛み肝臓

急性肝炎

右肩甲骨の痛みは肝臓の病気の症状である可能性があると考えられているのですが、
病名に関しては肝臓の病気であると考えた場合は急性肝炎などが考えられます。

 

 

また右肩甲骨の痛みは胆石などでも起きるので、
症状によっては胆石症という病名になる可能性もあります。

スポンサード リンク

 

右肩甲骨の痛みに関しては日常生活で腕を肩より上に上げる作業などをしていると
四十肩や五十肩になる可能性があるのですが、これらの症状も右肩甲骨の痛みなどなので、

 

整形外科などの専門の病院で受診をして
肝臓が原因なのかそれとも四十肩などが原因なのかを知ることが必要です。

 

 

自己判断で我慢していると、
思わぬ病気であることが見つかるのも肩甲骨周りの痛みの特徴です。

 

 

痛みが数日から一週間以上続くときには早めに受診する事が重要です。

 

 

また肩こりなどでも右肩甲骨の痛みが起きる場合があるので、
風呂あがりにストレッチなどをして筋肉の緊張をほぐすことが重要です。

 

 

肩甲骨の周辺の筋を伸ばしておくと肩こりなども予防できるので、
肩周辺のストレッチなどを取り入れて可動域を広げておくと年齢による肩の病気を防ぐことができます。

 

 

また肝臓に関しては痛みを感じることが少ないので、
沈黙の臓器とも呼ばれています。

 

それほどわかりにくい臓器でもあります。
痛みが表れたときには大分進行している可能性もあるので
少しでも違和感を感じたら放置しない事が大切です。

 

 

もし肩甲骨が痛いのであれば肩こりなどを疑うこともできるので、
早めにかかりつけ医に相談をして、整形外科や専門病院への紹介状を書いてもらうことが必要です。

スポンサード リンク