デスクワーク姿勢

デスクワーク姿勢について

パソコンやインターネットの普及に伴い、
一日中パソコンに向かった姿勢で作業をする人がほとんどではないでしょうか。

 

そのため、以前に比べると肩、背中、腰の痛みを訴える人が多くなっています。
つまり、職業病というものです。

 

これは、回避することが大変難しいので、できる限り予防することが大切になってきます。
日常的な工夫が大切だという事ですね。

スポンサード リンク

 

姿勢の仕組みと背骨の痛み

痛みを我慢しての仕事は作業能率にも影響しますから、
デスクワークで背骨が痛くならないように姿勢を工夫しましょう。

 

 

痛みというのは、これ以上その部分を酷使するなというサインです。

 

放置してしまわぬよう気をつけねばなりません。

 

 

背骨を支える筋肉は、左右対称にあり、
片方が伸びたら片方が縮むようになっています。

 

 

ですから
あぐらを組むと片方の筋肉に無駄なテンションがかかることになり、
筋肉が疲労し、背骨の痛みにつながります。

 

 

デスクワークのときは両足がしっかりと床に着けた姿勢を維持できるように、
椅子の高さを調節しましょう。

 

 

足を組む癖のある方は、
骨盤や背骨自体のゆがみの可能性があります。

 

癖というよりは、足を組まないと落ち着かない、、、といった感じです。

 

この状態では、だいぶ体が歪んでいることが予想されますので、
専門家の診断も必要です。

 

 

 

猫背などの悪い姿勢も筋肉のコリを増長させるので、
背中を丸めない姿勢でパソコンの画面を眺めることができるように目の高さを調整しましょう。

 

これは、背骨の痛みだけでなく、
疲れ目にならないためにも効果的です。

 

また、定期的に席を離れて運動をすることも重要です。

スポンサード リンク