鎖骨の下が痛い何科

まずはかかりつけ医師へ

皆さんの中でも普段の暮らしの中で身体の各部位が痛くなることはあるでしょう。

 

その際にその痛みはどのような病院の何科に掛かれば良いのか、迷うことはありませんか。

 

実はこの部分は非常に重要なことなのです。

 

 

つまり、痛みが起きてから病院に行くまでにどのくらい時間を要したか、
初期動作でどのような治療をしたか、本人が症状を自覚し、適切な予防をしたのか、ということに繋がっていくからです。

スポンサード リンク

 

例えば、首が痛いからと言って、整形外科に行く人が居たとします。

 

 

しかし、種類によっては脳の出血、
血栓などが引き起こす痛みから首に痛みが走った状態、というケースもあります。

 

 

つまり、この場合、早急に脳神経外科に行くべきだったということになります。

 

 

このように自身の勝手な判断だけで病院を選定するのは大変危険なので、
まずは掛かりつけの病院に相談したり、その部位を専門に診ている医療機関に相談することが良いでしょう。

 

 

早い段階でいつも自分の身体を診てくれている医師に相談し、
適切な指示を受けることが安心につながるはずです。

 

 

さて、鎖骨の下が痛い時、あなたならどの病状を疑いますか、
鎖骨ですから骨に関する、ヒビ、疲労骨折などでしょうか、
実はこの場合、肩の筋肉や背筋に炎症を起こしている可能性があります。

 

 

年齢や性別、職業によって病状が変化するので、
鎖骨の下が痛いというだけでは判断できない場合もあるのでご注意下さい。

 

出来る限り痛みの詳細な説明を医師にする事を心がけましょう。

 

 

適正な診断を受けることが最も重要になりますが、
ネットなどで迂闊に判断して何科を受診すべきかを軽視しない事が大切です。

スポンサード リンク